Q&A集 -Q&A-

ホーム > Q&A集 > 放射線・放射能の単位について

放射線・放射能の単位について

Q-B-1・「シーベルト(Sv)」とはどういう単位ですか?

シーベルト(Sv)とは、放射線が人体にあたえる影響を数値化したもの(被ばく線量の単位)です。

Q-B-2・「シーベルト毎時(Sv/h)」と「シーベルト(Sv)」の違いはなんですか?

シーベルト毎時(Sv/h)とシーベルト(Sv)の関係は、自動車の速度(km/h)と距離(km)の関係に置き換えれば分かり易いと思います。

シーベルト毎時:Sv/h キロメートル毎時:km/h
シーベルト   :Sv キロメートル   :km

つまり1ミリシーベルト毎時は、1時間その場所にいると、1ミリシーベルトという放射線を受けるという意味です。

Q-B-3・シーベルト(Sv)、ミリシーベルト(mSv)、マイクロシーベルト(μSv)の意味の違いは、何ですか?

シーベルト(Sv)は、放射線が人体にあたえる影響を数値化したもの(被ばく線量の単位)です。その「シーベルト」の前に、「ミリ」や「マイクロ」といった接頭辞がつくことがありますが、これは数を表す接頭辞です。
たとえば、ミリは1000分の1。マイクロは100万分の1を表しています。つまり、以下のようになります。

1シーベルト(Sv)=1000ミリシーベルト(mSv)=100万マイクロシーベルト(μSv)

主な接頭辞
1000,000,000,000 テラ (tera) T
1000,000,000 ギガ (giga) G
1000,000 メガ (mega) M
1000 キロ (kilo) k
1
0,001 ミリ (milli) m
0,000,001 マイクロ (micro) ?
0,000,000,001 ナノ (nano) n

また、放射能の強さを表す単位の「ベクレル」も接頭辞が付くと、同じように単位が変わります。たとえば、以下のようになります。
1メガベクレル(MBq)=1000キロベクレル(kBq) =100万ベクレル(Bq)

Q-B-4・「ベクレル(Bq)」とはどういう単位ですか?

ベクレル(Bq)とは、放射性物質が放射線を出す能力を数値化したもの(放射能の強さを表す単位)です。

Q-B-5・「シーベルト(Sv)」と「ベクレル(Bq)」の関係は?また、それぞれを変換・換算することはできますか?

Q-B-1・Q-B-4で述べたとおり、シーベルト(Sv)は、放射線が人体にあたえる影響を数値化したもの(被ばく線量の単位)であり、ベクレル(Bq)は、放射性物質が放射線を出す能力を数値化したもの(放射能の強さを表す単位)です。
したがって、この二つは異なる種類の単位ですから、直接的に変換、換算することはできません。
これは、例えば体積を表す(cm3)と質量を表す(g)が直接変換できない状況によく似ています。対象の物質が水であるならば、密度は1g/cm3ですから、水1cm3=1gの関係が得られます。
物質の種類が変われば、密度も変わり、結果として体積と質量の関係が変わるのと同じように、ベクレル(Bq)とシーベルト(Sv)の関係も、放射性核種の種類、存在状態等の条件の下でのみ相互関係を示すことができます。

Copyright © 2013-2017 公益財団法人日本科学技術振興財団