#

トピックス

ホーム > トピックス

トピックス

「2022年度NPO法人放射線教育フォーラム第2回勉強会(オンライン勉強会)」

令和4年5月(情報提供:NPO法人放射線教育フォーラム)

 

2022年11月20日(日)に開催されるフォーラムのお知らせです。概要は以下のとおりです。

 

【開催趣旨】

 中学校で昨年度から実施されている新学習指導要領に基づく放射線の授業では、放射線の理解を深めるために、放射線に関する基礎的事項の説明にとどまらず、放射線への興味を喚起するための授業も求められています。

 今回の勉強会では、GIGAスクール構想の背景から今後の新たな教育の在り方について文部科学省の取り組みの紹介、また、大気中ラドン濃度の変化と地震との関連性についての紹介、さらに、中学校における放射線教育にエネルギー資源のベストミックスを考える活動を利用した実践例についての報告を取り上げます。

 

【開催概要】

日  時: 2022年11月20日(日)13:30~16:15

開催方法: Zoomによるオンライン開催

主  催: NPO法人放射線教育フォーラム

参 加 費: 無料

参加者数: 100名限定

参加申込期日:2022年11月16日(水)17:00(ただし定員に達し次第締切)

 

【プログラム】

 13:30 開会挨拶(工藤博司理事長)

 

   [座長:林壮一(放射線教育フォーラム)]

13:40 講演1. 何故、令和の教育改革なのか? 何故GIGAスクール構想なのか? ~学校改革の今と関係者への期待~

       武藤久慶(文部科学省初等中等教育局学校デジタル化プロジェクトチームリーダー)

       GIGAスクール構想の背景として理解しておくべき社会構造の変化、我が国の青少年の実態、そこから求められ

       る新たな教育の在り方、今後の施策の方向性について、豊富なデータや写真を交えて具体的に解説する。

 

14:40~14:50 休憩

 

    [座長:吉澤幸夫(放射線教育フォーラム)]

14:50 講演2.ラドンと地震

       安岡由美(神戸薬科大学)

       1995年兵庫県南部地震の前に大気中ラドン濃度の変動が観測された。天然に存在する放射性希ガスのラドンに

       ついてと地震前のラドン変動の今までの解析について紹介する。

 

   [座長:宮川俊晴(放射線教育フォーラム)]

15:30 講演3.アプローチを変えることによる生徒の考え方の変化

        ~エネルギー資源のベストミックスを考える活動をとおして~

        島田雅人(栃木県小山市立豊田中学校)

        中学校では2 年生時に放射線の特徴について学ぶ。3 年生になるとエネルギー資源の活用として原子力発電を

        学ぶ。2 年時と3 年時においてアプローチを変え、電源のベストミックスを考えさせることで生徒の考え方の

        変化を考察している。

 

16:10 閉会

 

【参加申込】

NPO法人放射線教育フォーラムのホームページhttp://ref.or.jpTOPICSの「2022(令和4)年度放射線教育フォーラム第2 回勉強会」の「参加フォーム」から申し込みをしてください。

参加申し込み者には、後日、参加のための会議システムと参加のURLをメールで送付します。その際予めご準備をお願いします。

******************************************************************

お問い合わせ先 :NPO放射線教育フォーラム事務所 まで次の電話、ファクス、あるいはメールで

      TEL : 03-3843-1070   FAX: 03-3843-1080 

     メール: entry@ref.or.jp(@を半角で)

Copyright © 2013 公益財団法人日本科学技術振興財団