トピックス

ホーム > トピックス

トピックス

サイエンスアゴラ2017-福島原発事故で学んだ何を次世代に伝えるか?

平成29年10月(情報提供:京都大学・放射線生物研究センター)

 

11月26日(日)、テレコムセンターで開催される討論会のお知らせです。

概要は以下のとおりです。

 

「サイエンスアゴラ2017―福島原発事故で学んだ何を次世代に伝えるか?

11月26日(日) 10時30分〜12時

テレコムセンター8階 会議室C

企画:日本放射線影響学会ー福島原発事故対応グループ

事務局:京都大学・放射線生物研究センター

 

10:00〜11:10                                                           

事例報告 座長:三谷 啓志(東京大学)

  1. 放射線影響Q&A活動と学校教育支援-宇佐美徳子(高エネ研)
  2. サイエンスキャンプ——————-山田 裕(放射線医学総合研究所)
  3. 原子力専門家派遣事業—————–緑川 英樹(福島県環境再生プラザ)
  4. 放射線に関する出前授業—————掛布 智久(日本科学技術振興財団)

 

11:10〜12:00                                                          

討論「福島原発事故で学んだ何を次世代に伝えるか?

座長:田内 広(茨城大学)

 

なお、詳しくは下記のプログラムをご覧下さい。

福島原発事故で学んだ何を次世代に伝えるか? == 開催プログラム|サイエンスアゴラ scienceAGORA

Copyright © 2013-2017 公益財団法人日本科学技術振興財団