取材記

ホーム > 取材記

取材記

らでぃレポート No.6 〜東京大学MALT編〜

 

東京大学総合研究博物館に所属する「加速器研究施設」を訪問した。

この施設には、平成5年にタンデム型加速器が導入され、さまざまな微量分析に利用されている。この加速器がノーベル賞や医療、事件捜査にも貢献しているという。

いったいどのようなことなのだろう?

慶應義塾大学大学院医学研究科 修士1年の五十嵐 悠さんが松崎浩之先生からお話をうかがった。

Copyright © 2013-2017 公益財団法人日本科学技術振興財団